読む肴

Category :

Group : ホーム 日本/Japan


経堂のすずらん通りにある、ちょっと不思議なごはんのおいしいBAR「太田尻家」。

そんな太田尻家のカウンターには、やっぱりちょっと不思議なお客さんが集まります。

「酒を傍らに置いて千文字程度のストーリーを読む時間はどうだろうか。
一遍読み終わって反芻しながらグビリ、もう一遍読んでグビリ、
想いのこもったストーリーは最高の酒の肴となって柔らかな酔いが
読者と作者の境界を無くして妄想の世界を漂いながら穏やかに夜が更けていく。
さて、もう一遍だけ呑んで寝ることにしようか。」

「読む肴」は太田尻家の店主や、お店に集う16人が書いた1000文字程度のストーリー。
フィクション、ノンフィクション、妄想、思い出、甘さ、ほろ苦さ、
いろいろな短い物語が綴られます。

ほとんどの人が文章に関しては素人だけど、不思議とおもしろい。
一遍読んではグビリ、が、本当にぴったりです。

B2版の紙を折った作りで、(折り方はいろいろです)
それを広げて読む、という行為も楽しい。

お酒を飲みながら、仕事の合間の休憩、電車移動、
いろいろな時に読んでください。

size/B2版(折った状態でB5)
太田尻出版
デザイン/三浦樹人

いのまたせいこ/今村亮太/オータ/オギハラナミ/大里圭介/大人百子/
刈谷允/沓内充子/草野なつか/芝山花生/春風亭小春/玉田光史郎/
タジリ/刀根鉄太/フクイヒロシ/三浦樹人

型番 book-9
定価 500円(税込)
販売価格

500円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

Profile


stock/オギハラナミ

実店舗の営業日やイベントのお知らせ、

商品の紹介などのBlogです。

よろしければご覧ください。

Blog

Cart

» カートの中身を見る

Search

Category

Recommend

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM